フィリピン人は英語を勉強しなくても英語が話せるようになる?!

先日フィリピン人と話している時に、「フィリピン人はなぜ英語が話せるの?」と尋ねると、”English is our second language.” という答えが返ってきました。

フィリピンの小学生

 

フィリピン人にとって英語が “Second language” なら日本人と同じじゃないか?

 

じゃなぜフィリピン人だけが英語が話せるようになるのか?

 

フィリピンと日本とではそれほどまでに英語教育に関して大きな違いがあるのか?と不思議に思っていたら、私自身、大きな勘違いをしている事に気が付きました。

 

“Second language”の定義

まず “Second language” の意味ですが、これまで私は「二番目の言葉」、つまり日本人にとっては「英語」、フィリピン人の母国語の代表はタガログ語だという事は知っていましたので、フィリピン人にとっても英語は二番目の言葉だから日本人と同じと考えていたんです。

 

ところが、”Second language” というのは「二番目の言葉」ではなく、「第二言語」という意味だったんですね!

 

ここで言葉の意味を改めて整理してみることにします。

 

「第一言語(First language)」とは?

「第一言語」の定義を調べてみると「人間が幼少期から自然に習得する言語で一般的には母語と言われているもの」となっています。

 

つまり、フィリピン人のとっての第一言語はタガログ語(細かく分けると170以上)、日本人にとっての第一言語は日本語という事になります。

 

「第二言語(Second language)」とは?

第二言語の定義は「その人が母語を習得した後に、あらためて学習し使用することができるようになった母語以外の言語」となっています。

 

私はこの第二言語(Second language)のことを、日本人の場合の英語と考えていたので、全くの間違いだったという事が分かりました。

 

フィリピン人の場合は、学校でも英語を習うそうですが、習っていなくても話せるようになるそうなので、First languageに近いものと考えても良いのかもしれませんね。

 

「第一外国語(First foreign language)」とは?

次に「第一外国語」ですが、これは「母語以外で一番目に学ぶ外国語」という事で、日本人の場合は「英語」という事になります。

 

「第二外国語(Second foreign language)」とは?

次に「第二外国語」ですが、これは「母語以外で第一外国語(日本人の場合は英語)の次に学ぶ外国語」という事で、日本人の場合は「ドイツ語、フランス語、中国語」といったあたりになるでしょうか?

 

という事で、私がこれまで日本人にとってのSecond language(第二言語)だと考えていた「英語」は、First foreign language(第一外国語)だったという事が分かりました。

 

適当過ぎる自分が恥ずかしくなってしまいました!

 

なぜ英語がフィリピン人の “Second language” になったのか?

フィリピン人の “Second language” が英語になった理由としては、歴史的な背景が一番大きいようです。

 

フィリピンは、スペインの植民地時代、アメリカの植民地時代、そして日本が支配していた時代といった暗い過去の歴史があり、それぞれの国からの強制的な言語政策に苦しめられたそうです。

 

その後、1974年に独立したフィリピン政府は、「フィリピン語と英語による二言語併用教育政策」というものが発表され、現在も英語がフィリピンの公用語の一つになっているという事です。

 

フィリピン人はどのようにして英語を身に付けていくのか?

いくらフィリピン政府が英語をフィリピンの公用語の一つに決定したと言っても、彼らの母語はタガログ語を代表とするフィリピン語なので、日本人の場合と同様に学校での教育によって英語を身に付けているのでしょうか?

 

フィリピンの英語に関する教育システム

そこで、フィリピン人へ英語教育に関するシステムについて聞いたところ、おおよそ以下の通りだという事でした。

 

Preschool- nursery, kinder 1 and kinder 2:各1年間ずつで合計3年間

(日本の保育園や幼稚園にあたるもの)

 

Elementary- grade 1-6:6年間(日本の小学校にあたるもの)

 

High School:6年間(日本の中学校、高校にあたるもの)

 

University(日本の大学にあたるもの)

 

英語教育に関しては、Preschoolの3~4歳の頃から始まり、最初は英語の絵本や歌などで学んでいくそうです。

 

Elementary Schoolからは、タガログ語(国語)以外の全ての教科についての授業が、英語で行われるとの事です。

 

周りの環境によって英語が母語と同じように話せるようになってくる!

日本でも周囲を見回してみれば、あらゆる所に英語(らしきもの?)が表示されていますが、同時に日本語でも標記されていますよね?

 

フィリピンの場合は、子供が買い物に行くようなお店などでも、売っているお菓子などは全て英語表記で、タガログ語の併記はないそうです。

 

また、テレビではアメリカなど外国のドラマが字幕なしで放送されていて、子供の頃から字幕なしの番組を英語のみで理解して観ているのだそうです。

 

つまりフィリピン人にとっての英語は、”Second language” よりも更に母語に近いものとなっているように思われます。

 

極端な話をすれば、全く学校へ行かなくても(実際に家が貧しくて学校へ行けない子供達もたくさんいるそうです)英語を理解出来るようになるという事です。

 

但し、学校へ行っている子供たちと比べると、英語を流暢に話せることは出来ないとの事です。

 

アメリカの会社がフィリピンにコールセンターを設立して、現地のフィリピン人を雇って運営しているという話をよく聞きますが、このような会社へ就職出来て、アメリカ人のユーザーにもきちんと対応できる英語力となると、やはり大学まで行って英語のスキルを磨いた人でないと難しいという事のようです。

 

以下の動画は、現在フィリピン在住の韓国人青年が、通りすがりの一般的なフィリピン人に対してフィリピンと英語の関係についていろいろと質問している様子です。

最後のあたりに出てくる15歳の子供たち(日本の中学3年生位)が、流暢な英語を喋っている事がよく分かります。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*