QQEnglishの教師は必要なポイント数でどの程度レベル差があるのか?

QQEnglishの教師

QQEnglishでは、教師のレベルによって予約時に必要なポイント数が1レッスン25分あたり50ポイント、75ポイント、100ポイントの3種類に分けられています。ではポイント数の違いによって教師のレベルはどの程度違ってくるのでしょうか?

QQEnglish指定のポイント数の違いによる教師の定義

以前QQEnglishに問い合わせた際、教師のポイント数による違いについて以下のように回答して頂きました。

 

50pts:一般教師(約9割の教師)

75pts:ティーチングスキルが高く、レッスンの質も高い

100pts:教師を監督・指導する立場のベテラン教師、不定期でレッスンスケジュールを公開

 

一般教師である50ポイントから75ポイントや100ポイントへ昇格させる際の細かい基準までは分かりませんが、スクール内の基準によってきちんと分けられているそうです。

 

QQEnglishのポイント数毎の教師の人数

QQEnglishでレッスンを予約する際や教師を探す際には、以下のように各教師に対するポイント数が明記されています。

教師のポイント数

 

なお、QQEnglishでは「月会費プラン」と「毎日プラン」の2種類のプランが提供されていますが、「毎日プラン」の人は50ポイントの教師しか予約出来ないシステムになっています。

 

「月会費プラン」と「毎日プラン」との生徒の割合は分かりませんが、「月会費プラン」の生徒でも50ポイントの教師を予約する割合が多いと思いますので、必然的に50ポイントの教師への予約が多くなっているものと思われます。

 

前述の通り、スクールからの回答によると50ポイント教師の割合は約9割との事でしたが、念のため各ポイントの講師が現状それぞれ何人いるのか実際に調べてみました。

 

以下がその調査結果です。

 

講師総数:1,227名(調査日:2019/6/14)

50pts:1,079名(約88%

75pts:127名(約10%)

100pts:21名(約2%)

 

QQEnglishからの回答通り、50ポイントの講師が約9割ほどを占めているようです。

 

各教師に対する生徒からの実際の評価はどうなっているか?

QQEnglishでは、生徒がレッスン終了後に担当教師への評価を投稿出来るシステムになっています。

 

評価は、0~5.0まで0.5刻みで11段階に分けられています。

 

評価が2.0であれば★2つ、4.5であれば★4つと半分となっており、最低評価★0~最高評価★5つで表示されています。

 

以下は、生徒からの実際の評価をサンプリングした結果です。

 

50pts:最低評価の★0~最高評価の★5つまで様々

75pts:★2つや3つがたまーに見られますが、ほとんどが★4以上

100pts:★4つ以下はほとんどなし(但し、1年以上前の評価がほとんどなので、最近はレッスン提供はほぼなし? 講師数の増加により教師の指導がメインとなっているためか?)

 

上記の結果から、75ポイント以上の教師ではほぼ★4つ以上の評価と安定しているが、50ポイント教師の場合は、教師によってかなりの差がある事が分かります。

 

各ポイントの教師から実際にレッスンを受けた時の感想

50ポイント、75ポイント、100ポイントの教師でどの程度の差があるのか?について、これまでの受講経験からの感想をご紹介したいと思います。

 

50pts教師と75pts教師の違いによる感想

私自身も通常は50ポイントの教師からレッスンを受けていますが、たまにレッスンの進め方に不満があったり、今後の学習の仕方で悩んだ時などに、75ポイントの教師に相談も兼ねてこれまで3回ほどレッスンを受けたことがあります。

 

私個人の感想としては「75ポイントの教師は、50ポイントの教師と比較してかなりレベルが高い!」と感じました。

 

レベルが高いと感じた要因は主に2つです。

 

1つ目は「生徒への対応能力が高い」ところです。

 

私の英語レベルはまだまだ初級レベルに近い方だと思いますが、慣れという事もあってか一応言いたいことは文法や単語の正確さは別として、ある程度は話せるようになっています。

 

50ポイントの教師の場合は、私が質問してもほとんどの場合、適当に返事をされていたような感覚だったのですが、75ポイントの教師の場合は、「あなたが質問したい内容はこういう事ですね?」と確実に私の質問の趣旨を理解した上で回答してくれるという印象でした。

 

また、教師の話し方も私のレベルに合わせてゆっくり話したり、私がきちんと理解していないと感じた場合は、すかさず他の簡単なフレーズで言い直してくれたりと、生徒のレベルに即座に対応できる能力が高いと感じました。

 

2つ目は、「生徒の言いたいことをじっくり聞いてくれる」というところです。

 

50ポイントの教師の場合、教師が喋っている時に「Excuse me.」と言ってもなかなか話を止めてくれなかったり、こちらが言いたいことが上手く言えず口ごもっていると、すぐに喋りだすといった教師が結構います。

 

ところが75ポイントの教師の場合は、教師が話している途中であっても、こちらが何か言おうとすると、すぐに話を止め「何か質問ですか?」とこちらに耳を傾けてくれますし、こちらが言いたいことがなかなか上手く言えない時にも、言えるまでずっと待っていてくれたり、「こういう事を言いたいのですか?」と助け舟を出してくれることさえありました。

 

このように75ポイントの教師の場合は、英語を喋らせる機会をなるべくたくさん生徒に与えるといった対応もきちんとしているなと感じました。

 

50pts教師と100pts教師の違いによる感想

100ポイント教師の予約を取ろうと思い21名全員について2週間分のスケジュールを確認しましたが、ほとんどがレッスンを提供していないか、わずかな時間帯にオープンしていても、ほぼ全て予約済みといった状況でした。

 

なので今回は、100ポイントの教師が50ポイントの教師に比較してどの程度違うのかについては確認する事が出来ませんでした。

 

というか、100ポイントの教師で予約が取れるという可能性はほぼ0に近い事が分かりました。

 

まとめ

今回は100ポイントの教師については確認が出来ませんでしたが、「75ポイントの教師は、50ポイントの教師と比べてかなりレベルが高い」というのが私個人としての感想です。

 

但し、私がQQEnglishでレッスンを受講する際は、ほとんど全て50ポイントの教師から習っていますが、50ポイントの教師の中にも優秀で「なぜこの教師は75ポイントではないんだろう?」と思えるような教師もたくさんいます

 

逆に、予約をする際に紹介ビデオを見た感じではとても良い印象を受けた教師であっても、実際にレッスンを受けてみたら最悪だったという事も実際にありました。

 

なので私の場合は、予約時には必ず教師の紹介ビデオを見て、その教師の雰囲気や発音などを確認した上で選ぶようにしています。

 

更に、過去にレッスンを受けた事のある最悪な教師を間違って選ばないように、良かった教師を全て「お気に入り教師」に登録しておいて、レッスンを予約する際の担当教師については、登録済みのお気に入り教師から選ぶようにしています。

 

私の場合で現在「お気に入り」に登録している教師は30人前後いますが、QQEnglishには50ポイントの教師が1,000人以上も在籍していますので、皆さんも最初のうちはいろんな教師からレッスンを受けていき、その中からお気に入りの教師を見つけてお気に入り教師に登録し、ある程度人数が揃ったら、以降のレッスンはお気に入り教師から選ぶといった方が良いと思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*