レッスンの録画ファイルのデータサイズを小さくする方法

現在、オンライン英会話のレッスンを受講する際は、レッスン後の復習のためにBandicamを使って録画していますが、レッスンによって録画ファイルのデータサイズが2倍以上も違うので、データサイズを小さくできないか考えてみました。

 

まずこれまで録画したファイルのデータサイズを見てみると、以下のように最大のもので435,883KB、最小のもので163,759KBと大きく異なっている事が分かりました。

Bandicamデータサイズ変更手順1

*上の中で60,961KB以下のものは、講師がウェブカメラを使用していない場合のものです。(音声だけのため当然データサイズは小さくなります)

 

そこでデータサイズが一番大きいものと小さいものについて、画像の違いを比較してみると、以下のように明らかに鮮明度が異なっている事が分かります。

 

データサイズが一番大きいもの

Bandicamデータサイズ変更手順2

 

データサイズが一番小さいもの

Bandicamデータサイズ変更手順3

 

次に録画時のSkype画面の解像度を確認すると、以下のように「1066×772」となっていました。

Bandicamデータサイズ変更手順4

 

Bandicamの録画時の設定を以下のように「ビデオ」→「設定」とクリックして確認します。

Bandicamデータサイズ変更手順5

 

以下の小窓が表示されたら、赤枠内の「」をクリックします。

Bandicamデータサイズ変更手順6

 

以下のようにプルダウンメニューが表示されたら、とりあえず「横幅・高さ50%」を選んでクリック。

Bandicamデータサイズ変更手順7

 

以下のように変更されたら、「OK」ボタンをクリックします。

Bandicamデータサイズ変更手順1

 

Bandicamの操作画面上では、以下のように「Half Size」と表示されました。

Bandicamデータサイズ変更手順9

 

これで一応データサイズが約半分になるはず(多分)なので、次回録画時に確認してみたいと思います。

 

*基本的に英会話レッスンを受講しているわけですので、音声がきれいに聞こえていれば講師の顔の画質が若干悪くても問題ないのですが、やっぱり講師の顔が見えてる方がテンション上がりますしね!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*