オンライン英会話家庭教師エイゴルの無料体験を受けてみた感想

オンライン英会話家庭教師エイゴル

正式に入校した後も体験レッスンは回数無制限(同一講師は1回のみ)や受講した分だけの後払いといったような他のオンライン英会話スクールでは見られないようなユニークな運営を行っているエイゴルの無料体験を受けてみたので、その感想についてご紹介したいと思います。

 

エイゴルの無料体験レッスン予約

このエイゴルの場合は、オンライン英会話スクールで一般的に取り入れられている「会員登録」という仕組み自体が存在しないようです。

 

ですので、いきなり無料体験レッスンの予約を行うようになっているようなので、まずは以下のエイゴルのトップページにあるメニューの中から「無料トライアル手順」をクリックします。

体験レッスン予約手順1

 

次に開いたページを少し下へスクロールすると、「トライアルお申込み手順」というところがあります。

体験レッスンを予約する講師は、発音や話し方などを確認した上で決めたいので、「先生の一覧ページはこちらから」のリンクをクリックします。

体験レッスン予約手順2

 

次のページで、目次の中の「トライアルレッスン受付中」のリンクをクリックします。(目次が開いていない場合は、「目次を表示する」をクリックします。)

体験レッスン予約手順3

 

すると、同じページの「トライアルレッスン受付中」の欄へ飛びますので、そこに表示されている講師の中から、体験レッスンを受けたい講師を選びます。

体験レッスン予約手順4

 

なおスクールホームページの料金のページでは、195円の講師を基準として掲載されていますが、現時点で「トライアルレッスン受付中」のところに掲載されている講師は合計30名で、そのうち195円の講師は4名のみでした。

 

料金の幅は、195円~760円までと講師によってかなりバラバラの設定となっています。

 

今回は「セル講師」を選びました。

 

前の講師一覧ページでセル講師の顔写真をクリックすると、以下の講師紹介のページが開きます。

体験レッスン予約手順5

 

講師紹介ページを下の方へスクロールしていき、紹介動画や現時点の空き曜日と時間帯などを確認し、特に問題なければ以下の「エイゴル無料トライアル申込みフォーム」のリンクをクリックします。

体験レッスン予約手順6

 

すると以下の申込みフォームのページが開きますので、そのページを下の方へスクロールしていきます。

 

下の申込みのステップを見ると、体験レッスン予約の際に講師とのメールのやり取りが必要なようですね。ちょっと面倒くさい!

体験レッスン予約手順7

 

ページをスクロールしている途中に「注意事項」が記載されていますのできちんと確認し、以下のフォームが現れたら、全ての必須項目へ入力し、一番下にある「Submit」ボタンをクリックします。

 

なお、このフォームでは確認ページが表示されずにいきなり送信されますので、送信前には入力内容に間違いがないか慎重に確認しておきましょう。

体験レッスン予約手順8

 

以下のページが表示さらたら、申込み完了です。

登録したメールアドレスに届いたメールを確認しておきます。

体験レッスン予約手順9

 

申込フォーム送信後、すぐに登録したメールアドレスへ以下のメールが届きました。

 

一応これで体験レッスン申し込みまでが完了したようです。

 

メールの最後に「先生からは48時間以内に、生徒様へ返信を出すルールとなっております。」と記載されていましたので、先生からの返事を待つしかないようですね。いずれにしてもちょっと面倒くさい!

体験レッスン予約手順10

 

上の申込みを行ったのが11月20日でしたが、48時間どころか20日以上経過しても何の連絡もありません!(私自身も完全に忘れていました)

 

前回届いたメールを見直してみると、最後の部分に以下のような記述がありました。

体験レッスン予約手順11

 

しかたがないので上記の指示通り、以下のように「申し込みの目的」のところを「2回目の申込。大至急返信要」に設定して、再度申し込みを行いました。

体験レッスン予約手順12

 

以下のメールは、今回申込みを行った際の控えメールです。

体験レッスン予約手順13

 

今度は忘れないように講師からの返信メールを待っていましたが、またもや二日たっても連絡なし! 再再度以下の申込みを行いました。

体験レッスン予約手順14

 

上のようなフォームを用意していること自体、このような事がちょくちょくあるという事なのでしょうか?

 

今回は、二日後(48時間以内ぎりぎり)にやっと以下のメールが届きました。

体験レッスン予約手順15

 

但し講師の返事は、” I am not available on your preferred schedule.”

 

いい加減に頭にきましたが、こちらからの希望日時を確認すると、

平日の10:00-10:25 or 11:00-11:25

 

以下が本日現在の講師のスケジュールです。

このスケジュールを見ると、私が希望している日時は空いているハズなのですが??? 全く意味がわかりません!

体験レッスン予約手順16

 

一応スクールの事務局へ問い合わせメールを出したところ、すぐに調査結果に関する回答メールが届きました。

 

それによると、今回私が予約した講師は、現在子供さんが入院しているため、家にいなかった。との事でした。

 

但し、48時間以内に返信するというルールを守らなかったので、解雇の可能性も含めて再指導のためトライアルレッスンを停止とした。という内容も記載されていました。

 

スクールのホームページを確認すると、既に「トライアルレッスン受付中」のところからプロフィールが削除されていました。

 

今回の場合は仕方ない事情があったので、解雇までは希望していないため、穏便に解決して頂ければと思います。

 

という事で、再度無料体験レッスンの申し込みを行いました。今回申込みを行った講師は、0862-Theaです。

体験レッスン予約手順17

 

以下はThea講師のスケジュールです。希望の曜日と時間帯は「Monday 10:00-10:25 or 10:30-10:55」としました。

体験レッスン予約手順18

 

すると、さすがに今回は約9時間後に講師から以下のメールが届きましたので、すぐに回答メールを送信しておきました。今回はこれで大丈夫だと思います。

体験レッスン予約手順19

 

エイゴルの無料体験レッスン

やっとたどり着いた今回の無料体験レッスンですが、ちょっと不安なスタートとなってしまいました。

 

スカイプはちょっと早めに予約時間の約30分前にログインしました。

 

既に講師からのコンタクト追加依頼が入っていたのですぐに承諾したのですが、講師のスカイプにオンライン状態を示す緑色のマークが表示されていません?

 

まだ時間的に早いのでログインしていないのだろうと思っていたのですが、1分前になってもまだマークが表示されません。

 

またまたトラブルかと思い、スクールホームページの「よくある質問」ページで、「Q:時間になっても先生からのコールがありません」のところを確認していたら、予約時間を1分程過ぎた時にコールが鳴りました。

 

とりあえず、本日のトライアルレッスンが無事にスタートできて一安心です。

 

以下の講師が今回担当して頂いた「Thea」先生です。

Thea先生

 

お互いに簡単な自己紹介を行い、いつものように「私が英語を習いたい理由」を説明し、どんなレッスンを提供出来るかについて説明して頂きました。

 

講師の回答としては、「まずはカンバセーションダイアログを使ったレッスンはどうか?」という事でした。

 

テキストか何かを使用するのかと尋ねると、以下のようなメッセージをスカイプのチャットメッセージで送ってくれました。

ダイアログのサンプル

 

上のようなダイアログを使ったレッスンはどうか?という事らしいのですが、毎回これではちょっと見ずらいのもあるし・・・。

 

レッスンとしては、このような二人の会話のサンプルを使って、読み方や発音などを練習し、時々フリートーキングもはさんでという事のようです。

 

また、スクールのオリジナルテキストもたくさんあるし、市販教材を使ってレッスンをする事も出来るという事でした。

 

テキストを使ったレッスンは嫌いだと告げると、フリートークだけでも良いが、語彙を増やす必要があるので、テキストは使わないにしても何らかの会話サンプルを利用する必要があるとの事。 それは確かにそうですね。

 

「とにかく毎日英語に接すること、繰り返し練習することが重要です。」という事を強調していました。

 

上の会話用サンプルを使って、このような感じでレッスンを行うという事で、単語やフレーズの意味などについて解説もして頂きました。

 

Grab a bite=to get something to eat

 

上のフレーズを解説してくれた時に、Google翻訳を使っている事を告げると、言葉を暗記する上ではGoogle翻訳は使わないようにした方が良いという意見も頂きました。

 

Google翻訳を使っているという事は、他のレッスンの時も言っていたのですが、「使わない方が良い」と言ってくれたのは、今回が初めてでした。

 

Google翻訳を使って「Grab a bite」を調べると、

Grab a bite=軽い食事をします

と翻訳されるので、そうやって覚えるよりも

Grab a bite=to get something to eat

と英語のフレーズを簡単な英語で理解した方が確かに良いですね。

 

「grab」という単語を見たのが初めてだったのでいろいろ質問していたら、以下のような使い方の例を教えてくれました。

Please grab that book.

He grabbed my hand.

grab=to get

 

その他、例えば「納期」や「契約書」といったような仕事上で使う用語についても学ぶことも可能か?と質問すると、「draw up a contract」のようなフレーズを例に挙げて、ある程度の専門用語を使った会話練習も可能である事を説明してくれました。

 

agreement と contract の違いなどについても解説してくれました。

 

今回の短いトライアルレッスンの間にも、この他いろいろと教えて頂きましたが、自分の単語力の無さをあらためて実感させられる授業となりました。

 

といったところで25分間のレッスンが終了となりました。

 

エイゴルの無料体験レッスンの感想

今回の無料体験レッスンでは、私が選んだ講師がたまたま子供さんの入院のため家にいなかったという事もあり、何度も予約のための作業を繰り返したため、とても煩わしさを感じました。

 

予約作業がすんなりできたとしても、やはり予約のたびに毎回メールでのやり取りが必要なのは面倒ですね。

 

講師を決めて、受講する曜日や時間を設定した後は、決まった時間にレッスンを受けるだけなのですが、受講料を支払う際もその都度連絡メールを送る必要があるらしいので、これもちょっと面倒ですね。

 

ただ、オンライン英会話を利用する目的はあくまでも英語力の向上ですので、納得できる講師が何人も在籍しているようであれば、少々の煩わしい連絡作業などは気にならないかもしれませんね。

 

このスクールのシステムとして、体験レッスン終了後に今回の講師とのレッスンを今後継続するかどうかの確認メールが届くことになっているので、レッスン終了間際に継続するような営業トークがある事を予想していたのですが、今回の講師だけかどうかは分かりませんが、「他の講師もいろいろ試せるので、いろんな講師で試してみて下さい」といった何とも良心的な言葉を頂きました。

 

スクールの教育の成果であるのか、今回の講師自身の人柄なのかは分かりませんが、このあたりは素晴らしいと思いました。

 

→ エイゴルの無料体験はこちらからどうぞ

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*