日本人が英語を話せないたった二つの理由とは?

なぜ日本人は英語を話せないのか?」このテーマに対しては多くの人が様々な意見を述べていますが、今回これまでで一番納得できるものを発見しましたので、シェアさせて頂きます。

 

今回ご紹介するのは、以下の「日本人が英語を話せない理由!」と題したTwisted Helix(西ロンドンを拠点に活動しているロックバンド)さんの動画です。

 

英語学習者にとっては有名なバイリンガール英会話さん、IU-Connect英会話さん、bobbyjudoさんの見解を全て否定するものとなっていて、とても興味深いですよ!

 

Twisted Helixさんの自己紹介

100%純粋なイギリス人です。

 

2年間日本に住んだ経験があり、その時は英語教師をしていました。

 

現在はイギリスに戻っています。

 

日本の音楽の大ファンであり、YouTubeを通して日本の音楽について数多く語っています。

 

今後は、イギリス人の考え方、イギリスの文化、イギリス英語などについて伝えていきたいと思っているそうです。

 

今回の「日本人が英語を話せない理由!」というテーマに関してYouTube動画を検索してみたら、非常に多くのYouTuberがこの問題について語っていますが、正しくない事を語っているとのこと。

 

但し、Twisted Helixさんの意見にも反論を持つ人は当然いると思うので、そういう意見も聞きたいと思っている。

 

今回反論するバイリンガール英会話さん、IU-Connect英会話さん、bobbyjudoさんを嫌いなわけではなく、自分の意見を言いたいだけだという事です。

 

Twisted Helixさんの反論と彼の考え

今回の動画でTwisted Helixさんが言っている内容の主な部分について、以下にまとめてみました。

 

Bilingirl Chikaさんへの反論

 

Bilingirl Chikaさんの意見

アジアのインドやシンガポールの人達は英語を話すが完ぺきではない。

 

インド人の発音は凄く聞きにくい。

 

アジア人の人たちは英語を自分たちのものにしている。英語というものを自分たち風にアレンジして話している。インド英語やシンガポール英語のように英語が多様化されて新しい英語がいろいろ生まれている。

 

でも日本人英語というのはない。

 

何故かというと、日本人はアメリカ英語やイギリス英語を基準にして、そこまで達成しないと英語ではないという考え方を持っているからだと思う。

 

インド人の場合はインド英語が基準となり、英語はこれ、インド英語はこれというようにインド英語が基準なので、これさえ喋れれば英語はOKとなる。

 

Twisted Helixさんの反論

インド人の発音は凄く聞きにくいと言っているが、自分はそうは思わない。

 

「インド人が英語を話せる理由はみんながインド英語を作ったからで、日本人は作っていないから話せない」というのは間違っていると思う。

 

シンガポール人がどうして英語をはなせるか? それはみんながシンガポール英語を作ったからではなく、シンガポールでは英語が公用語だからである。

 

シンガポールやマレーシアの学校では、先生が全ての学科を英語を教えている。

 

日本人の公用語は日本語です。

 

そこが大きな違いです。

 

間違ってるかもしれないが、シンガポールもマレーシアもイギリスの植民地だった。

 

それが、彼らが英語を話せる理由です。 すごく簡単な話です。

 

Chikaさんはなぜアジアの中でインドとシンガポールを選んだのか?

 

アジアにはタイやベトナムや中国などいろいろな国があるが、そういう所へ行けばそれらの国の人たちが英語を流暢に話せますか?

 

IU-Connectさんへの反論

 

IU-Connectさんの意見

英語を話すのに必要な事はたった一つ、どうしたら英語を体感できるのかを知ること。

 

それは、新しい単語リストや新しい勉強法や新しい参考書でもない。

 

あなたが英語を体感するために必要な事は、すでに君自身がもっているものだ。

 

ではなぜ英語を話せるようになる事が難しいと感じてしまうのか?

 

まったく同じ理由で、自分も日本語を話せるようになるのに苦労した。

 

では効果的に英語を話せるようになるにはどんな考え方をすれば良いのか?

 

まず、言葉というものが一体何なのか正しく理解する必要がある。

 

言葉とは考えや感情に対するラベル。

 

Twisted Helixさんの反論

新しい言語を習得するためには、くり返すことが非常に大事。一番大事な事。

 

いろいろな勉強法を使用しても良いが、くり返すことがとても大事。

 

自分にとっては、単語リストを作ることは非常に大事。単語を知らないと会話出来ない。

 

言葉=考えや感覚?

 

アメリカ人の友達で日本語がとても上手な人がいる。自分よりずっとずっと上手。

 

彼が日本語を話せる理由、それは漫画。 毎日毎日漫画ばっかり見て、それを何度も繰り返して日本語を話せるようになった。

 

単語を覚えて、例文を暗記して、それをくり返して日本語が出来るようになった。

 

bobbyjudoさんへの反論

 

bobbyjudoさんの意見

日本人が英語を話せない理由としては、日本は島国なので英語圏の人と話す機会が少ない、日本人は恥ずかしがるとか遠慮しがちなどの様々な説がある。

 

自分の意見としては、日本人があまり英語が出来ない理由、それはテレビの影響です。

 

英語がペラペラな日本人をテレビに出すときは、周りの人たちが、その人は天才じゃないか、特別な言語学の才能があると言って大きくリアクションをする事がまずダメ。

 

Twisted Helixさんの反論

日本は島国なので英語圏の人と話す機会が少ないというのは、誰がそう思っているのか?

 

テレビのせいで、日本人は英語が話せないの? Why? 全く理解できない。

 

自分がイギリス人と話していて、急に日本人と日本語で話しだしたら、イギリス人の友達から “Wow, that is amazing. You are amazing. You’re a genius.”とよく言われた。

 

英語が話せる日本人がテレビに全然出なくなったら、日本人は英語を話せるようになるのか?

 

これには全く賛成できない。

 

Twisted Helixさんとしての結論

 

自分の意見としては、日本人が英語を話せない理由はとても簡単。 二つの理由です。

 

一つ目の理由は、英語と日本語は全く違うということ。

 

自分が初めて日本語を勉強し始めた時は、別世界に入ったようだった。

 

発音も文法も単語も書き方も全て違う。

 

カタカナ、ひらがな、漢字など全部が全く違う。

 

例えば、I will go to the station. は、日本語で「私は駅に行きます。」だが、最初は名詞と動詞の順番が理解出来なかった。

 

それほど英語と日本語は全く違う言葉なので、英語を本当に学びたいなら、すごい努力が必要。

 

英語を習得する事は誰でも出来るが、ものすごい練習が必要。

 

二つ目の理由は、日本人は英語を話せなくても良いということ。

 

タイに行くとたくさんのタイ人が英語を話せるが、それは海外からの観光客に対応するためだけの英語であって、それ以外の英語は知らない。

 

インドの場合は発展途上国なので、英語が話せるとたくさん稼ぐことが出来る。なので、インド人は学校で一生懸命に頑張って勉強する。

 

日本人も一生懸命勉強していると思うが、英語が話せなくても良い(給与が高い)仕事に就くことが出来る。

 

もちろん日本人も英語が話せれば、仕事などにも役に立つと思うが、必ずしも必要ではない。

 

日本人が英語を話せない理由は、その二つだと思う。

 

まとめ

今回のTwisted Helixさんの動画ですが、チャンネル登録数も5.7万人と多いですが、視聴回数が2018年11月23日現在で141,324回と非常に多く、このテーマに関する関心度の高さが伺えます。

 

私自身も仕事の関係で、

・日本人はなぜ英語が話せるようにならないのか?

・日本人はどうすれば英語を話せるようになるのか?

といったテーマについて、日頃からいろいろと調べていますが、今回のTwisted Helixさんが結論付けている「日本人が英語を話せない2つの理由」については、私も全く同感です。

 

まず「一つ目の理由:英語と日本語は全く違う」に関しては、私の友人で100%純粋なベルギー人がいるのですが、彼は母国語のオランダ語以外にフランス語、ドイツ語、英語、スペイン語の5か国語を話します。

 

彼曰く、フランス語とドイツ語についてはベルギーの歴史的背景から公用語の一つですし、英語やスペイン語についても日本の方言みたいなものだと言っていました。

 

しかしそんな彼でも日本語については「世界一クレイジーな言語で絶対習得できない」とまで言っていました。

 

Twisted Helixさんも動画の中で話していましたが、友人の彼も日本語は単語、文法、発音も全く違うし、一番難しいと感じていたのは日本語の文字に、ひらがな、カタカナ、漢字の3種類が使われている事だったようです。

 

彼とはたまにスカイプで話すことがあるのですが、一時期日本語の勉強をしたようですが、5か国語を話す彼でさえ、日本語については未だに「こんにちは」と「げんきですか」だけで、これ以上日本語を勉強する気もないようです。

 

それほど英語と日本語は全く違う言語という事なのでしょう!

 

次に「二つ目の理由:日本人は英語を話せなくても良い」についても全く同感です。

 

私の両親や妻やほとんど全ての親戚が英語を全く話せませんが、みんな立派に生活できていますし、同じく全く英語が出来ない息子でもまあまあいい会社に入って結構いい給料をもらっています。

 

息子はたまに1ヶ月程度の海外出張があるようですが、英語を勉強して習得しようという考えは全くなさそうです。

 

このようにほとんどの日本人は、英語が話せなくても生活する上では全く困らないという事です!

 

但し、例えば大企業の中には外国人スタッフも多く、社内の公用語を英語にしているような会社もありますし、外資系企業に勤めている人や海外出張の多い人などはそれなりに英語を話す必要があるでしょうが、そのような人たちは日本人全体から見ればほんの一部ですからね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*