日本人が英語を話せるようになるためのたった2つの方法とは?

日本人が普通に日本で生活していく上で英語が全く話せなくても特に困る事はありませんが、自分が生活していく上でどうしても英語が必要な日本人の場合は、どうやって英語を習得すれば良いのでしょうか?

 

外国女性を案内する日本人

 

あなたはなぜ英語を習得する必要があるのですか?

このブログにたどり着いたあなたは、何らかの理由があって英語を習得しなければならない(又は習得したい)と思っている人、或いは今現在自分のやり方で英語を勉強している人だと思います。

 

そこで、英語を習得するための方法をいろいろと調べていて、たまたまこのブログにたどり着いたのではないでしょうか?

 

そもそもあなたはなぜ英語を習得する必要があるのですか? 英語を習得する目的はハッキリしていますか?

 

英語学習者の中で英語がなかなか身に付かないという人の多くは、この英語習得の目的がはっきりしていないために、的外れな学習をダラダラやっていたり、英語習得の為の情報ばかり探していて肝心の学習そのものがおろそかになっているのではないでしょうか?

 

私自身も以前はそうでしたが、英語の習得には何が必要か? どんな学習方法があるのか? など英語習得に関する情報は山ほど持っているのに、肝心の英語については中学レベルの会話でさえほとんど出来ないという人が多いようです。

 

学習方法を調べる事は悪いことではないと思いますが、大切な時間のほとんどを調べる時間に費やして、肝心の英語の学習自体がおろそかになるようでは本末転倒です!

 

このブログにたどり着いた事をキッカケにして、情報収集ばかりやっているノウハウコレクターをそろそろ止めて、英語の学習に専念しませんか?

 

そのためにも、まずはあなたが英語を習得しなければならない理由を明確にし、それに合わせた学習を行うべきだと考えます。

 

人によっては「英語を身に付ける必要性は全くない!」という考えの人もいますし、そもそも日本人が日本で生活していくためには英語を話せなくても特に問題なく生活していけますしね。

 

英語を習得するための裏ワザなどは決してない!

YouTube動画やネット上を見てみると、

・英語を短期間で習得する方法!

・○○するだけで英語が身に付く!

・英語がペラペラになる〇つの勉強法!

などなど英語習得に関する情報が数えきれないほど溢れていますよね?

 

しかし、それらの情報が本当であれば、多くの日本人が英語を学んでいますので、既に英語がペラペラな日本人がたくさんいるはずですが、現状はどうでしょうか?

 

あなたのまわりに英語がペラペラ喋れる人が何人位いますか?

 

あなた自身も、いろいろな学習教材を購入したり、いろいろな学習方法を試してみたのではありませんか?

 

その結果、あなたは英語を喋れるようになりましたか?

 

もし英語を喋れるようになったのであれば、このブログを見ることも無かったと思います。

 

つまり、「○○するだけで」や「短期間で習得する方法」といったような英語を習得するための裏ワザのようなものは存在しないという事です!

 

英語を習得するためにはどんな教材を使用すれば良いのか?

英語の学習を行う際は、独学で行う場合でもスクールへ通う場合でも、何らかの学習用の教材が必要になると思いますが、あなたはどんな教材を使用していますか?

 

世の中には、英語の学習用教材などに関する情報についても無数に散らばっていますので、自分はどの教材を使って勉強すれば良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか?

 

結論から先に言うと「英語習得の為の教材は何でも良い!」です。

 

「ふざけるな!」と怒られてしまいそうですが、私自身これまでに非常に多くの教材を購入し、それを使って学習していましたが、いつも途中で「これは自分のレベルに合っていない!」などと言って放り出してしまい、また次の新しい教材を購入してしまうといったことの繰り返しでした。

 

なぜそうなってしまうのかというと、まず第一に英語を習得する目的がはっきりしていなかったため、自分の興味がない内容になってくると、途中で嫌になってしまうというのが一つの原因だったと思います。

 

例えば、レストランのウエイトレスをしていて、最近外国のお客様が増えてきたので接客のための英語を習得しようとしている人が、電話応対のための英会話ばかり学習していたら、いつまでたっても接客英語は覚えられませんよね?

 

なので、まずは自分が英語を何の目的で習得したいのかという事を明確にした上で、その目的のために必要な単語や会話を学習した方が目的達成のための一番の早道という事になります。

 

英語習得の目的があやふやなままで学習をしているから、どこまで出来るようになれば目的達成なのかが分からず、いつまでたってもズルズルとただ何となく英語の勉強をやっているという非常に中途半端な状態が続いていくのだと思います。

 

ボケ防止やただの趣味としてやっているという人であれば別ですが、英語を話す必要があって学習している人であれば、出来るだけ最短距離で目的達成出来るための方法を選ぶべきだと思います。

 

自分が英語を話さなければならない場面や状況に合わせて、それに必要な単語やセンテンスを覚え、それらをひたすら口から出す練習、聞き取る練習をすることを目指すのが良いと思います。

 

但し、中学校で習う程度の基本的な文法や単語さえも全く分からないという人の場合は、先に中学英語程度の基本的な学習については済ませておくべきかと思います。

 

そこで私が考える「英語を習得するための方法」は次の二つになります。

 

英語習得法1.周りの環境を英語だけにする

外国に住むのが一番手っ取り早いのですが、時間の余裕やお金の面でそれが出来る人は限られますので、その代替えとしては、留学する、外国人と結婚又は付き合い一緒に住む、外国人がメインのシェアハウスに住むなどが考えられます。

 

但し、多くの人が上のような事も難しいと思いますので、今自分が生活している状況の中で可能な限り英語漬けの環境に変えてしまうという事です。

 

身近なところで考えられる方法としては、スマホの設定を英語に変える、テレビは英語の放送しか見ない、新聞を英字新聞に変える、外国人バー・英会話カフェ・国際交流イベントなどへ参加するといったところでしょうか?

 

私の場合、学生時代は英語の成績は良かったのですが、ベルギーで3年間生活した中で、最初のうちはほとんど英語が通じないし話せませんでしたが、1年を過ぎるころには殆どの事が自分一人で出来るようになっていました。

 

なにせ私が住んでいた所は日本人が全く住んでいませんでしたので、英語を話すしかない生活環境だったというわけです。

 

「留学しても英語は身に付かない!」という記事を見たことがありますが、あれは嘘です!

 

もしそれが本当であれば、留学の期間が短すぎたか、留学先に日本語が通じるところがあったり、周りに日本人がたくさんいたからだと思います。

 

ですので留学先の環境については、事前に十分確認しておく必要があります!

 

日本語が全く通じない外国に1年でも生活していれば、ペラペラにはなれなくても、それなりの英語は話せるようになるはずです。

 

但し、小さい子供でない限りは自然に英語を話せるようにはなりませんので、それなりに英語の学習をやって、それを毎日の日常生活で使用するといった程度の努力は必要になります。

 

私もそうでしたし、どんなにむちゃくちゃな英語でも話さなければ生きていけませんでしたので!

 

英語習得法2.毎日英語を話す

2番目の方法は、日本語が全く通じない外国で暮らす場合や自分の回りの環境を英語漬けに出来る人であれば自然と英語を話すことになりますが、それが出来ない人の場合でも、出来る限り毎日英語を話すようにするという事です。

 

英語を習得する上ではこれが一番重要だと考えます!

 

私の場合もそうでしたが、ベルギー駐在が終了し日本に帰国してからは、2~3ヵ月もしないうちに、英語が必要な場面がきても口から英語がすぐに出るという事がなくなってしまいました。

 

日本へ帰国して半年くらい経った時にベルギーの友人と話した時、あまりにも私が英語を話せなくなっていたので、友人もとても驚いていました。

 

話せなくなったのもありますが、それと同時に彼の話す英語をほとんど聞き取れなくなっていました。

 

つまり、日本へ帰国してから半年くらいの間に英語を話したのはほんの数回程度で、それも挨拶程度の会話だったので、話せなくなったのは当然の事だったと思います。

 

私の場合は、ベルギーにいた頃英語が話せたと言ってもペラペラの状態だったわけではなかったので、元の話せない状態に戻るまでにそれほど時間はかからなかったのだと思います。

 

ただ「英語を毎日話す」ためには英語を話せる相手が必要になってきますよね?

 

英語のセンテンスを覚えて言えるようになるだけであれば、実際に口に出して言う練習を行うだけでもかなり違いますが、やはり会話というのは相手があってのものですし、相手の言っている事が聞き取れなければ会話は成立しない事になります。

 

ここで「実際に口に出して言う練習」と書きましたが、実際にこれをやっている日本人はどれくらいいるでしょうか?

 

あなたは覚えたセンテンスを実際に口に出して練習していますか?

 

多くの日本人は、新しいセンテンスを覚える際に、テキストの文字を見て理解出来た=覚えた、或いは音声を聞いて理解出来た=覚えた、と勘違いしている人が多いように思います。

 

いくらその新しいセンテンスを記憶出来ていたとしても、会話の中で必要な場面が来た時に口からサッと出てこなければ会話はなりたちません!

 

一つ例を挙げると、

Could you speak a little more slowly, please?

(もう少しゆっくり話して頂けますか?)

 

上のセンテンスくらいであれば誰でも分かると思いますが、文字を見ないでスラスラ言えるか言ってみて下さい。スラスラ言えましたか?

 

そんなに長い文章ではなく「Please speak slowly.」と言えばいいじゃないか?と言われてしまいそうですが、実際の会話では短い方でも良いと思いますが、たまたま思いついた例ですのでご勘弁ください。

 

私が言いたいのは、中学校で使われているような簡単な英語の文章であれば誰でも理解出来ると思いますが、それが会話になった途端、聞き取れなくなる!言えなくなる!というのが、現状の日本人の実態だという事です!

 

ここで一つ注意点ですが、

・CDなどの英語音声を毎日聞いているので、リスニングは完璧だ!

・瞬間英作文トレーニングをやっているので、言いたいことはすぐに言える!

というレベルの人がいたとします。

 

この場合、実際に相手がいた場合でも問題なく会話をする事が出来るでしょうか?

 

ほとんどの場合は問題ないと思いますが、実際の会話となると相手によって発音も違いますし、言い回しも多少違ってくる場合もあります。

 

なので、リスニング力もまだまだだという人であっても、リスニングや英作文などの練習と並行して、出来るだけ話し相手を見つけて会話の練習をした方が効果的です!

 

現在は海外の友達を見つけられるアプリなどもたくさんありますし、そこまでの行動力がないという人であれば、私のように「オンライン英会話」を利用するという方法もあります。

 

私の場合は、オンライン英会話で練習をしておいて、時々ベルギーの友人と話して自分のレベルを確かめるという形でやっています。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*