英語力0からたった1年で英会話スクールの講師になったAK-EnglishのAkaneさんとはいったい何者?

皆さんはAK-EnglishのAkaneさんという人物を知っていますか? 今回は、このAkaneさんという人が英語力0の状態からどうやって1年後に大手英会話スクールの講師になれたのか? その秘密に迫ってみたいと思います!

 

AK-Englishとは?

英会話学習に関するYouTube動画をいつものように何気なく見ていたら、ある一つの動画に目が留まりました。

 

最初のうちは、よくある英会話関連の教材を売るために作られた動画かなと思ってみていたのですが、その動画を見ているうちにどんどんその内容に引き込まれていきました!

 

なにせそれまでほとんど聞いた事がないような事を実践していて、その効果をAkaneさん自身の現在の英語力で証明しているのですから。

 

Akaneさん自身は今どきの可愛らしい女の子といった感じの女性なのですが、ひょっとして日本人が英語を学習する際のこれまでにはなかった方法を提供してくれる凄い人なのかも?と興味が湧きあがり、AK-EnglishやAkaneさんについていろいろと調べてみることにしました。

 

AK-English

(AK-Englishのホームページより 中央がAkaneさん)

 

まずAK-Englishについては、当時普通のOLだったAkaneさんが、講師として勤務していた大手英会話教室を退職した後、2016年に大阪で立ち上げた英会話教室だそうです。

 

立ち上げ当時のレッスン料はなんと1回払いの1,000円、教材費なしでスタートし、口コミだけで開校してわずか半年後には生徒数が100名を突破したという事です!

 

但し現在は、カナダの学校から仕事のオファーがあってカナダに移住したため、AK-Englishの英会話教室は長期休校中とのことらしいです。

 

Akaneさんってどんな人?

Akaneさん自身のプロフィールに関しては、ほとんど公開されていないようです。

 

公開されている情報からは、出身地が大阪府で誕生日が10月9日らしいという事くらいでした。

 

現在までの経歴については以下の通りです。(AK-Englishのホームページより)

 

英語が苦手な学生時代から普通のOLを経て2014年からバックパッカーに。

・一時帰国中に大手英会話教室の講師として採用され、同時にテレビ局や企業、公的機関等で通訳として活動。

 

以下のようにテレビ番組「Youは何しに日本へ?」の通訳も担当していたそうです。

テレビ局にて通訳

・テキストを多用した従来の指導法に疑問を持ち、自分の経験を元にした AK-English を2016年に大阪に立ち上げる。

(1回払い1000円、教材費なしのシステムで、開講半年で生徒数100名を突破)

 

・2017年夏:名門大学 (UBC) で国際プログラムのマネジメントを務める。

 

・2017年秋:カナダのカレッジから仕事のオファーがあり移住。

 

・2018年春:バンクーバー政府観光局大使に就任。

 

Akaneさんが英語力0の状態から大手英会話スクールの講師になるまでの道のり!

Akaneさんは学生時代、英語の成績は10段階中2だったそうです。

 

そんな学生時代の英語の成績から、どうやって1年後に大手英会話スクールの講師が出来るまでに成長出来たのか?

 

以下の動画の中で、Akaneさんの実体験に基づいて英語を習得する上での重要なポイントなどについて詳しく解説していますので、じっくり見て下さいね。

 

いかがでしたか? 上の動画の概要について以下にまとめておきます。

 

まずは自分を理解する

「これだったら何時間でも出来る」というものを見つけ、それを英語でやる。

 

例えば、海外の好きな女優がいたとすれば、その女優のインスタグラムやYouTube動画をひたすら見る。

 

ちなみにAkaneさんが作っている動画は、アメリカの少年のYouTube動画を参考にして作ったそうです。

 

英語の上達は筋トレみたいなもので、魔法のようなサプリはない!

 

辛いことを続けるのは難しいが、楽しいことなら続けられる!

 

赤ちゃんが言語を学ぶ道

TOEICの点数を上げたい人にはこのビデオは参考にならない。

 

Akaneさんの場合は、「使える英語」が目的だったので、赤ちゃんが言葉を習得する道で英語を習得したとの事。

 

赤ちゃんは生また瞬間からパパとママが話しているのをひたすら聞いて、それをモノマネする感じで少しづつ言葉が出てくるようになる。

 

Akaneさんも最初の頃は文法もボロボロ、単語も知らない、発音も出来てなかったが、ず~っとやっていくうち無意識に自分で自然に直していった。

 

子供たちは4、5歳くらいでペラペラになってコミュニケーションがとれるようになる。それからやっと読み書きが始まる。

 

ここでの大切なポイントとしては、学習の順番を「聞く→話す→読む→書く」とする事で英語脳が出来る。

 

英語脳が出来るという事は、文法を考えずに翻訳せずに母国語のように話せるようになるという事らしい。

 

発音が悪い人やとっさに英語が出てこない人は、読み書きから始めている場合が多い。

 

自分という人格に自信を持つ

多分これが一番大切なことです。

 

英語が初級の人でも自分に自信があるとバンバン喋る事が出来るが、その反対に英語は分かっていても自分に自信がないと黙ってしまう。

 

どんどん話さなくなってしまう事で結局英語が話せなくなる。

 

友達を選ぶ

英語が間違っていても気にせず話せる相手(友達)を探す。

 

Akaneさんの場合は、細かいミスを指摘するような人とは距離を置いたとの事。

 

ちなみにAkaneさんの日本在住のネイティブの友達は、Akaneさんが英語がまだまだ喋れない頃からずっと「Your English is so good!」と言ってくれていたので、自然と自信もついてきたということ。

 

単語帳と教科書を捨てる

実際にAkaneさんは単語帳も教科書も1冊も持っていないそうです。

 

英語と日本語を見ていると、ずっと頭の中で翻訳しないといけなくなるので英語脳からかけ離れていくという事らしいが、既に単語帳や教科書を使って学習している日本人にとってはちょっと難しそうですね。

 

インプットの時間をアウトプットに

Akaneさんの場合は、アウトプットが100%だったそうです。

 

アウトプットの場は、英会話カフェでも海外旅行でも留学でも、最近はやりのオンライン英会話でもその気になればいくらでも作れる。

 

何らかの行動を起こさなければ何も変わらない!

 

Akaneさんの場合は、OL時代に土日祝を利用してバスへも一人で乗れない程度の英語力でオーストラリアなどにたった一人で行っていたそうです。

 

相手が話したいと思うような人間になる

英語目的で外国人の友達を作りたいという人は山ほどいるが、そんな人ほど外国の友達が出来にくい。

 

英語以外に好きな事、興味があることを頑張っている事が大切!

 

まず実行

Akaneさんの場合は、普通の会社員だったある日突然「人生こんなんで終わったら嫌や!」と思い、安定していた会社を辞め、海外に飛び立ち、しばらくの間バックパッカーになったそうです。

 

人によっていろんな事情や条件の違いがあると思うが、同じ条件下でもやっている人はやっている。

 

英語学ぶのではなく英語学ぶ

Akaneさんは、「英語を勉強する」ことが英語上達へのベストな道だとは思っていない!との事。

 

その理由は、Akaneさん経験してきた事と違うから。

 

Akaneさんが信じる道は、「目的があって、それを英語でする」。

 

いかがでしたでしょうか? ここまでがYouTube動画「超短期間で上達した英語勉強法!」の概要となります。

 

目から鱗の内容盛りだくさんでしたが、日本人にとってはちょっと難しいものもあるかも知れませんね?

 

しかし、Akaneさんも言っているように「同じ条件下でもやる人はやる、やらん人はやらん」です。

 

納得できるものが一つでもあったなら、出来るところからでもやってみてはいかがでしょうか?

 

Akaneさんのその他の英語学習動画

英語の学習法についてAkaneさんが公開しているものは、前の動画の他にもいろいろありますので、その中からいくつか紹介しておきたいと思います。

 

発音上達法!目からウロコ?の英語勉強法

「発音が良くなる8つのポイント」として、Akaneさんが実践してきた重要なポイントについて解説しているYouTube動画です。

 

目新しい気づきもたくさん出てくると思いますので、英語の発音を上達させたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

2単語勉強法/ 英単語覚え方!

単語帳などを一切使わないAkaneさん独自の英単語の覚え方について解説しているYouTube動画です。

 

ネイティブが使う超リアル英会話

ほぼ毎日更新中のAkaneさんのInstagramです。

→ http://instagram.com/akane.iiiii

 

1本あたり1分以内の短いものばかりですので、1本につき最低10回は見るようにするだけでも、とてもリスニングの訓練になると思います。

 

Akaneさんのコントもとても面白く出来ていて飽きませんよ!

Akaneさんのインスタグラム

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*