ベルギーの一般道路は日本の高速道路より速度が速い!?

みなさんはベルギーやドイツで車を運転した経験があるでしょうか? 今回は私がヨーロッパに常駐していた時の現地での車の運転に関してご紹介してみたいと思います。

 


ブリュッセルへ向かっている時の高速道路

 

生まれて初めての左ハンドル

ヨーロッパの国々はイギリスを除いて車の通行は全て右側通行です。

 

という事で、運転席は左側(左ハンドル)となります。

 

当時私は30代になったばかりの頃だったので、日本でも左ハンドルの車に乗ったことはありませんでした。

 

それがヨーロッパへ赴任した途端、会社への通勤用として用意してくれていた左ハンドルの車を自分で運転しなければなりませんでした。

 

生まれて初めての事だったので、ミッションギヤの位置は日本と逆になるのか? アクセルとクラッチペダルの位置も逆になるのか? などいろいろな心配が駆け巡ったことを思い出します。

 

その当時、日本ではオートマチックの車が普通車クラスでも一般的になりつつあった頃だったと思いますが、ベルギーではベンツなどの高級車以外は全てマニュアル車だったので、本当に自分に運転できるのか心配でなりませんでした。

 

*家内をベルギーに呼び寄せた時は、田舎の方だったので車がないと不便だという事で、1000cc位の小さめの車を買ってあげたのですが、その際はむりやりオートマッチの車に(改造?)してもらいました。

 

左ハンドルの車を運転した事のある方は分かると思いますが、ミッションギヤの位置関係もアクセル・ブレーキ・クラッチのペダルの位置関係も日本と同じなんですよね。

 

但し、方向指示器とワイパーのレバーの位置が日本と逆になるため、方向指示器を出す際にしょっちゅうワイパーを動かしていました。

 

初めて左ハンドルの車を運転する時は、最初会社の駐車場で練習してみたのですが、思ったよりも意外と簡単に慣れることが出来ました。

 

但し、方向指示器とワイパーを動かすレバーが逆なので、こればかりは半年以上はいつも間違ってばかりいましたが。

 

ベルギーの一般道路での走行速度にビックリ!!!

一般道路といっても日本でいう自動車専用道路に近い道路だったのですが、現地の人たちは時速何キロくらいで走っていたと思いますか?

 

なんと、140km~150kmで走っている人がほとんどでした。

 

80km位で走っていると、逆に危ないくらいでした。

 

その為、私も家内もだいたい120km~130km位で走っていたと思います。

 

但し、道路に沿って民家が立ち並ぶようなところは70kmの時速制限がありましたし、また住宅街や学校に近い道路などは50kmや30kmの速度制限がありましたので、その点では安心でした。(まあ当たり前の事ですが)

 

ベルギーの高速道路では救急車が道をゆずる???

私の住んでいた場所から首都のブリュッセルまでは約150kmほど離れていたので、日本から訪問者がやってきた時などは、当然高速道路を使って空港のあるブリュッセルまで迎えに行くわけですが、その高速道路で信じられない光景を目にしたんです。

 

それは、サイレンを鳴らして走っていた救急車が、後ろから走って来た車を先に通すために道をゆずったんです!

 

日本では考えられない事ですが、ベルギーでは救急車の速度より一般車両の方が早いことが多いんです。

 

私もベルギーでの車の運転に慣れてくると、150km位で走っている一般道路から高速道路へ入っても、それほどスピードの違いを感じなかったほどでした。

 

何故かというと、高速道路を走っている車の速度はだいたい150km~180km程度なので、感覚的に言うと高速道路に入ったら少しだけスピードを上げるという感じでした。

 

それから高速道路といえども時にはブレーキをかける必要が出てきますが、日本の感覚で考えると150kmから急ブレーキとまでは言わなくともそれに近いブレーキをかけるとなると、ちょっと怖いですよね?

 

しかし、私が乗っていた車はAudiという車でしたが、150kmで走っている状態から急ブレーキに近い状態でブレーキを踏んだとしても、結構スーッという感じで驚くほど短い距離で安全にスピードを落としてくれる感じを受けました。

 

日本にいる時に、日本車を運転していて150kmの速度から急激に減速するという事はやったことがないので何とも言えませんが、ヨーロッパの車はスピードが速い分構造的な違いがあるのかもしれませんね。

 

いずれにしても、ベルギーで乗っていた車は急加速や急激な減速時も気持ちよいくらいスムーズだったことを覚えています。

 

ベルギーにおける速度規制について

ベルギーの道路事情、特に走行速度について書いてきましたが、一応ベルギーの交通規則や注意が必要な点について調べてみましたので参考にして下さい。

 

速度制限

・市街地:50km(学校の近くでは30km)

・自動車専用道路:90km(市街地では70km)

・高速道路:120km

 

という事でベルギーの皆さんはほとんどの人がスピード違反をして走っていたという事が分かりました。私も同罪です。

 

その他注意が必要なこと

踏切では止まってはいけません!

日本のつもりで一旦停止すると、後ろの車に衝突される恐れがあります。

なお踏切には信号があります。

白ランプ:進め  赤ランプ:止まれ

 

車線変更の際の合図は数百メートル手前から行う!

日本では車線変更の際は30m手前で行えば良いことになっていますが、ベルギーでは道路の両サイドにお店や民家があるところでも100km前後で走っているところが多いので、特に左折の場合(日本の右折)は、方向指示器を出して速度を落とし始めてからも左側をどんどん追い越していきますので、私自身も左折をする際はかなり用心していました。

 

信号機が黄色に変わったら急ブレーキぎみでもすぐに止まる!

ベルギーの信号は、黄色になってから赤色に変わるまでの時間がかなり短いので、日本のような感覚で交差点の少し手前で黄色に変わってもそのまま走ろうものなら、交差点に入る頃は信号が赤色に変わっていて、左右からの急発進の車に衝突される可能性が高くなります。

*なおヨーロッパ内の国であっても国によって交通ルールが異なりますので十分な注意が必要です!

 

ドイツのアウトバーン(速度無制限)での恐怖体験!!!

ここまではベルギーでの話でしたが、ここからは出張でドイツへ行った時のお話しです。

 

皆さんもアウトバーンという言葉を聞いた事があると思いますが、そうです制限速度が決められていないんです。

 

ベルギーでも高速を走る時は200km近く出す事もあったのですが、ドイツのアウトバーンでは最高で230km位で走ったことがありました。

 

その230kmで走っている私の車を、100km位の速さで越していくんです!

 

それが何台も何台もです! 恐ろしや~~~!

 

こんな恐怖体験は当然日本では一度もした事がありません。

 

一緒に乗っていたベルギーのスタッフの子にも聞いてみたんですが、300km以上出して走る車も多いとの事でした。

 

これがドイツのアウトバーンか!!!

 

と感動するというよりは、出来れば二度と走りたくないと思いましたが、ドイツへの出張は結構頻繁にあったので、その後はベルギーのスタッフに運転してもらう事にしていました。

 

スピード狂の方がいらしたら、ぜひドイツのアウトバーンへ!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*