エックスサーバーの容量がどれくらい残っているか確認する方法

ディスクの空き容量

アフィリエイトをやっている多くの人がレンタルサーバーを利用していると思いますが、契約しているレンタルサーバーの使用可能な容量のうち現時点でどれくらい使っているか分かっているでしょうか?

 

エックスサーバーの使用済み容量を確認する手順

現在私はエックスサーバーを使用していますので、エックスサーバーの容量を確認する手順についてご紹介したいと思います。

【現在のエックスサーバー契約内容】

エックスサーバーの契約プラン:X10

ディスク容量:Max 200GB

MySQLデータベース1つにつき、利用可能な容量の目安は「1GB」

 

ディスク全体の容量については問題ないと思いますが、MySQLデータベース1つにつき「1GB」というのが気になります。

 

Xサーバートップページ の右上にある「ログイン」をポイントし、出てきたプルダウンメニューから「サーバーパネル」をクリックします。

Xサーバー1

 

以下の画面が表示されたら、「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力後、「ログイン」をクリックします。

Xサーバー2

 

以下の画面が表示されたら、画面左下の「設定対象ドメイン」のところにある▼をクリックし、確認したいドメインを選んでから、「設定する」をクリックします。

*ディスク全体の容量については、200GBに対して1GBも使用していないので全く問題無しです!

Xサーバー3

 

下の画面で、右上の「現在の設定対象ドメイン」が正しく表示されていることを確認し、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

Xサーバー4

 

以下の画面で、「MySQLデータベース名」と「MySQLバージョン」を控えておきます。

Xサーバー5

 

一つ前のページに戻ってから今度は「phpmyadmin(旧MySQL5.5)」(前の画面のMySQLバージョン)をクリックします。

Xサーバー6

 

以下の小窓が開いたら、「MySQLユーザー名とパスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

Xサーバー7

 

*「MySQLユーザー名とパスワード」が分からない場合

WordPressをインストールする際、エックスサーバーの簡単インストールを利用した場合、データベースが自動で設定されていると思いますので、インストール時に表示される「MySQLユーザ名」と「MySQLパスワード」を控えていなかった場合は、分からなくなってしまいます。

 

この場合は、WordPressをインストールしたディレクトリに「wp-config.php」というファイルがありますので、それをメモ帳などで開くと、「MySQL データベースのユーザー名」と「MySQL データベースのパスワード」として書かれていますので、そちらで確認してみて下さい。

 

無事にログイン出来たら、以下の画面が開きますので、左側にある今回調べる「MySQLデータベース名」をクリックします。

Xサーバー8

 

右側に表示されたものの中に「サイズ」という列がありますので、その列の一番下の数値がこの「MySQLデータベース」で使用されているデータ容量となります。

以下の場合、「5.8M」と表示されています。

Xサーバー9

 

MySQLデータベース1つに対する利用可能な容量は「1GB」となっていますので、今のところ全く気にする必要がないようです!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*