Page Analyticsを導入して自サイト内のクリック率を調べよう!

Google アナリティクスを取り入れて、自分のサイトへのアクセス数やアクセスしてきたユーザーの地域、デバイスなどの指標を確認している人は多いと思いますが、各ページのリンクがどれくらいクリックされているかは分かっていますか?

 

今回は、Chromeブラウザ向け拡張機能「Page Analytics」を導入する事で、アナリティクスでトラッキングしているページを読み込み、PV数やページ内のクリック分析を行う方法をシェアしたいと思います。

 

Page Analyticsの導入

Page Analyticsは、Chromeブラウザ用の拡張機能をインストールすることで導入する事が出来ます。

 

まず、Chromeブラウザの最上部右端にある「設定」から「その他のツール」→「拡張機能」をクリックします。

Page Analytics導入手順1

 

拡張機能のページが開いたら、以下の「Page Analytics (by Google)」をONにします。

Page Analytics導入手順2

 

以下が表示されたら、「再度有効にする」をクリックします。

Page Analytics導入手順3

 

すると、ブラウザの上部に以下の赤枠内のようなアイコンが表示されます。

これで「Page Analytics」の導入は完了です。

Page Analytics導入手順4

 

Page Analyticsの使い方

Page Analyticsが導入された状態で分析したいページ(Analyticsのトラッキング コードが設置されているページ)を開くと、以下のようにページの上部にAnalyticsデータが表示されると共に、ページ内のリンクを設定している箇所のクリック率が表示されます。

*Analyticsデータが表示されない場合は、ブラウザ右上のPage Analyticsアイコンを再度クリックしてください。

Page Analyticsの使い方1

 

クリック率を調べたいリンク設定個所をポイントすると、以下のようにクリック率と共にクリック回数が表示されます。

Page Analyticsの使い方2

 

ページ上部にはAnalyticsの各指標が表示されています。

Page Analyticsの使い方3

Segments:顧客層

Pageviews:ページビュー数

Unique Pageviews:ユニーク ページビュー数

Avg. Time on Page:平均ページ滞在時間

Bounce Rate:直帰率

% Exit:離脱率

Real-time:リアルタイムのアクティブ ユーザー数

 

各指標は、それぞれの文字をクリックすると、変更可能な指標がプルダウンメニューで表示されますので、必要なものに変更する事が出来ます。

Page Analyticsの使い方4

 

以下のように日付の部分をクリックすると、Analyticsの場合と同様に分析したい期間や前期との比較などの設定が行えます。

Page Analyticsの使い方5

 

また、Real-timeのすぐ下にある「」を変更して、表示させたいクリック率のしきい値を変更することも可能です。

Page Analyticsの使い方6

 

いかがでしたでしょうか?

Page Analyticsを導入した事で、これまで分からなかった内部リンクのクリック率が把握出来るようになりましたので、各ページに設置しているターゲットページへのリンクのクリック率を調べ、極端に少ない場合などはそのページを改善する事で、ターゲットページのアクセス数の改善や最終目的であるアフィリエイト報酬や広告報酬などのアップに役立てましょう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*