ブログ記事のネタに困った時の必殺技!|リサーチ嫌いが考えた記事ネタを見つける方法!

新しいブログを立ち上げ、最初のうちは特に困る事なくどんどん記事を増やし続けてきたが、100記事ほどを超えたころから「何の記事を書けばよいのか何も思いつかなくなった」という事ってないですか?

頭を抱える男性

 

どんな情報を集めたら良いのかさえも分からなくなってしまった!

 

無理やり記事を書いても2~300文字くらいの中身がほとんどないクズ記事にしかならない!

 

どうしようどうしようと焦るばかりの毎日!

 

これまでは、最低でも1000文字以上の記事を毎日1記事以上とノルマを課し、300記事を達成するまでは頑張ろうと思ってやってきましたが、ついに書きたい記事が何も思いつかない!

 

記事ネタを探す方法をググってみると

とりあえず、Googleに「ブログ記事 ネタ 探し方」、「ブログ記事 ネタ切れ」などで検索してみると、出てくるわ出てくるわ軽く1,000万件以上の記事が表示されました。

 

上位に表示されているサイトを見てみると、その中に

 

ブログの「ネタ切れ」解消!無限にネタがでてくる3つの方法” というタイトル。

 

やった!これでもう悩まなくて済むようになる!と思いつつ記事の中身を見てみると、その3つの方法というのは?

 

1.本屋または図書館へいく

2.人に会いに行く

3.他のブログを見にいく

 

???まあ言わんとする事は分かりますが、こういう事をやってても記事を書けなくなったから悩んでるんですが!

 

仕方ないので次の記事へ、

 

ブログネタがない? ←これを一瞬で解決する方法

 

えっ!一瞬で解決?・・・これでやっと楽になれる!と思いつつ記事の中身へ

 

一瞬で解決する方法とは?

 

SEOキーワードから逆算する

記事の目的と読者の疑問が明確化される→すると記事を書ける

1.ざっくり記事テーマを考える

2.記事の読者はどういったキーワードでググるか考える

3.実際にググりつつ、一番マッチするキーワードを探す

 

その他の記事を見ても、

映画を見る

イベントに行く

ご飯を食べに行く

テレビを見る

行きたかった場所に行く

 

どれもこれもほとんどこれまでやっている事ばかりですが、「一瞬では解決しませんでした!

 

普段行っている行動の中に記事ネタに出来るヒントはいくらでもある!という事を言いたいのでしょうが、記事に出来るものは既に記事を作成しています。

 

その上で困っているのです!(と勘違いしているだけかも知れませんが)

 

例えば「映画を見る」について考えてみると、映画は常に新しいものが作られていますので、そういう意味では常に新しい映画を見て、その感想などを記事にすれば永遠に記事を書けるということになるのでしょうが、映画を見て記事を書くためには

 

・その映画が作られた背景

・出演者や役に対する感想

・あらすじ

・良かったところ

・面白くなかったところ

・この映画の総合的な評価・感想など

 

といった感じで記事を作成していけば良いと思うのですが、面白そうだから見てみたいと思う映画もそんなにないし、見たくもない映画に対していろんな情報を調べても時間はかかるし、第一やりたくない!

 

テレビや新聞や雑誌の情報から記事ネタを探して、それについて情報を集め、それを記事にするという方法も分かるが、毎日記事を書こうとするとちょっと辛い!

 

という事で、記事ネタを探す方法についていろいろと調べてみましたが、私にとって「コレダ!」というものは見つかりませんでした。

 

ただ、最初に見つけた記事のタイトル「ブログの「ネタ切れ」解消!無限にネタがでてくる3つの方法」はいきなりクリックしたくなったという意味でタイトルの付け方が非常に勉強になりました。

 

但し、

思わずクリックしたくなった → 記事を読む → 内容??? → 二度と訪れない

 

という事で、いくらタイトル自体が素晴らしいものであっても、内容が伴わなければ二度と訪れてもらえないとなってしまうので、反面教師として注意していきたいと思います。

 

仕方がないので自分で考えてみました

それにしても「記事ネタ」に関する記事がこれほどたくさんあるという事は、その記事に対する需要も多く、困っている人もたくさんいるという事が分かります。

 

なので、自分自身で記事ネタの探し方を考えてみました。

 

但し、他の記事と同じようにならないため、「記事ネタの探し方から、探し出したネタをどうやって記事に仕上げるか」という所まで考えてみたいと思います。

 

更に、私は情報を集める際、本や雑誌やインターネット上の記事などを見たり読んだりすることが苦手なので、極力文字を見ない(読まない)方法で考えてみました。

 

世の中の記事は全てパクリ?!

まず大前提として、世の中にある個人が作成したブログ記事の内容については、一つとして全くのオリジナル(他の人がその事に関して一切書いていない)という事はあり得ないという事です。

 

つまり、

基本的に世の中に存在する個人が作成したブログ記事は全てパクリ!

*当然の事ですがコピペは絶対にNGです!!!

という事ですよね?

 

この事をあらためて認識するだけでもちょっと楽になりませんか?

 

但し、既にある情報を引っ張ってきて繋ぎ合わせただけの記事であれは、Googleさんには重複記事と判定されなくても、ほぼコピペと同じことで、まとめサイトの記事と変わらないものになってしまいます。

 

そんな記事には誰も共感してくれませんし、そんな記事ばかりのサイトへは二度と訪れてもらえないでしょう!

 

私が考えた記事ネタを切らさない方法

本や雑誌やインターネット上の記事などを見たり読んだりすることが苦手な私が考えた方法とは、ずばり「YouTube動画」を利用した方法です!

 

すでにYouTube動画を利用しているという方も多いと思いますが、情報の収集先としてはネット上の情報や本や雑誌などからという事ではないでしょうか?

 

YouTube動画については私も常日頃から見ていますが、今回は「ネタ探し」という観点から利用してみると、とても楽に記事ネタを探すことが出来ました。

 

ただ記事を作成する上で必要な全ての情報をYouTube動画から得るという事ではなく、「どんな内容の記事にするのか?」、「記事の大筋の流れをどうするか?」といった程度に限定してYouTube動画を利用し、それに付随する詳しい情報については、他のネット上の記事などから収集するという事になります。

 

記事ネタの決定~記事作成手順

ではYouTube動画を使って記事ネタを探し出し、記事の大筋の内容を決めるまでの手順をご紹介します。

 

自分のブログテーマや興味のあるワードでYouTube動画を検索する

自分のブログのテーマが決まっている場合は、狙っているキーワードやテーマに関連するワードで、雑ブログのようなものであれば、自分が興味のあるワードでYouTube動画内を検索します。

 

検索された動画を複数見ながらメモを取る

なるほどと思った事、ここは重要だと思った事、初めて聞いた役に立ちそうな事などをPCのメモ帳などにメモします。

 

仮の記事タイトルをつける

こんな内容の記事を書こうといった程度のものを決めます。

 

おおよその記事の流れ(中見出し、小見出し)を決める

メモした内容と集めた情報を見ておおよその流れを決めます。

 

メモした内容から流れに沿って自分の言葉で文章を書く

メモした内容と集めた情報を基に、自分の言葉で自分の考えも含めて分かり易い文章を作成します。

 

検索数などを調べ最終的な記事タイトルを決める

作成した記事の内容からキーワードをピックアップし、月間検索数などを調べ需要のありそうなキーワードを使ってクリックしてもらえそうな記事タイトルを決定します。

 

更に動画の中で役に立つ別の動画、サイト、アプリなどを紹介していたら、それを見て同様にメモし記事にします。

 

紹介されていたアプリが役に立つものと判断した場合は、実際に使ってみてそのアプリの詳細と感想などを記事にします。

 

また、記事を書いていく中でいろんな疑問が出てきたらそれについて調べ、役に立つ情報を見つけたら、作成中の記事に追記するか、又は別記事として作成します。

 

いかがでしたでしょうか? 少しでも参考になる事があれば嬉しいのですが。

 

考えてみると、いま読んで頂いているこの記事は、

・記事ネタが思いつかないという悩みが出てきた

・いろんな情報を調べたが自分が利用できる情報がなかった

・自分で解決策を考えてみた

・一応自分なりの解決策を見つけたので、それを記事にした

 

このように自分も含めて誰かが困っている事は、その他の多くの人も困っている可能性が大きいという事だと思いますので、それが解決出来た場合は「あまり役に立たないかな?」と思ったとしても、きっと誰かのヒントくらいにはなると思いますので、ぜひあなたの記事として公開してくださいね!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*