英単語習得18日目

今回より、エクセルの英単語リストに基づいて覚えていく方法から、現在行っているリスニング、必要なセンテンスのピックアップ、オンライン英会話スクールのレッスンなどから得られた新しい(知らない)英単語について覚えていく方法に変えてみたいと思います。

 

いったんはエクセルの英単語リストに基づいてきちんと順序だてて覚えていこうと思ったのですが、前回やってみると非常に時間が掛かりすぎてちょっと嫌気が差してきたので、また途中で挫折しないためにも、少し気楽な感じでやってみようと思います。

 

現状、ほぼ毎日海外ドラマを観てリスニングの訓練や使えそうなセンテンスを覚えるためにセリフを書き出したり、週に1回オンライン英会話スクールでレッスンを受けているので、それらの中から知らない単語が毎回のように出てくるわけです。

 

従って、わざわざリストに基づいて単語を覚えていかなくても、何かをやるたびに覚えなければならない単語が次々と出てくるので、そちらの方で覚えていけば良いという考えで、今回からそのやり方で実践していきたいと思います。

 

今回は、リスニング実践31日目として行ったLOSTシーズン2、第10話のリスニングの中で出てきたものです。

 

1.statue 像(名詞)

It’s just a statue.(ドラマ内でのセリフ)

ドラマの中では、中に麻薬が入れられたキリストの形をした小さな像として登場しているので、結構記憶に残り易そうです。

 

2.confession 告白、自白、ざんげ(名詞)

I want you my confession.(ドラマ内でのセリフ)

自分自身が言う機会はほとんどないと思いますが、テレビニュースなどではよく聞く言葉ですので、聞いた時にすぐ分かるように覚えておきたいと思います。

 

3.priest 司祭、神父(名詞)

Are you a priest?(ドラマ内でのセリフ)

これも自分が使う事はほとんどないと思いますが、聞いた時にすぐ分かるように覚えておきたいと思います。

 

今日は単語3つだけですが、確実に覚えていこうと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*