オンライン英会話レッスン2回目

ECCオンライン英会話の2回目 講師:Rhea

テーマ:「なぜ多くのフィリピン人は英語を話すことが出来るのか?」

 

本日ECCオンライン英会話にて2回目のレッスンを受講しました。

 

今回のレッスンに使用するテキストとして、前回のレッスンで講師から推薦されたLevel3(Explore) Lesson1を予約時に設定しておいたのですが、いろいろ考えた結果、今回は以前から疑問に思っていた事柄についてのディスカッションという事でお願いしました。

 

その気になっていたテーマとは、「なぜ多くのフィリピン人は英語を話すことが出来るのか?」という事です。

 

フィリピンの歴史を調べてみると、1946年の独立以前は1898年から1946年までの約48年間アメリカの植民地となっていた時代があるので、英語を話せることはある意味当然なのかもしれません。

 

ただ、フィリピン自体もタガログ語をはじめとする多くの?母国語を有しているわけで、植民地時代があったからといっても現在のような多くのフィリピン人が英語を話せる状況は説明がつかないような気もします。

 

戦時中、日本が植民地として支配していた国の多くの人たちが現在でも日本語を話せるという話は聞いたことがありません。

 

一部の老人については、現在でもある程度の日本語を話せる人もいるようですが・・・。

 

という事で、講師に対して以下の質問を行い、その回答を頂きました。

 

Q.フィリピン人の母国語は何か?

A.タガログ語をはじめとする100以上の言葉がある。

 

Q.母国語が100以上もあると、同じフィリピン人でも言葉が通じないのか?

A.100以上の言葉といっても、日本でいえば標準語と大阪弁といったような方言が100以上あるということ。

 

Q.フィリピンでは、何歳から英語を習い始めるのか?

A.親の考え方にもよるが5歳前後だと思う。自分(講師)は5歳から英語を習った。

 

Q.英語の先生は欧米人か?

A.先生は全てフィリピン人。

 

Q.英語以外の教科も英語で授業を受けるのか?

A.母国語以外の教科は全て英語。

 

Q.フィリピンの小学校で使う教科書を見せてくれないか。まだ持っている?

A.公立学校の場合、教科書は貸し出されるので、習った後は返却するため自分で保管しているものはない。私立学校の場合は教科書を購入する。

 

Q.アマゾンのようなブックストアからフィリピンで使っている教科書を購入する事は可能か?

A.学校で使用している教科書そのものは手に入れられるか分からないが、フィリピンで一番大きいブックストアを紹介します。

 

という事で、以下の「National Book Store」という所を紹介してもらいました。

National Book Store

 

講師に学校で使用していたものに近そうなものを選んでもらったのですが、日本から購入した場合、送料が3,000円位かかるようなので、日本のAmazonで探してみたら、似たようなテキストが見つかったので、こちらから購入することにしました。

 

ところで、このオンライン英会話スクールを利用する目的は、新たに覚えた単語やセンテンスのアウトプットの場という事で考えているのですが、決められたコースのテキストに従って授業をしてもらうのも良いのかもしれませんが、今回のように興味のあるテーマに対して話す中で覚えたセンテンスをどんどん使っていくというのも良いのかもしれません。

 

あらためてECCオンライン英会話のカリキュラムを確認してみると、level 6 Discussionというものがありました。

 

このlevel 6は、ある程度不自由なく英語でコミュニケーションできる人が対象のようですが、「さまざまなトピックについて先生と自由に議論を交わして学ぶ」というコースらしいので、私のようにテキストに沿った学習が嫌いな人にとっては良いかもしれません。

 

このコースで受講できるかどうか次回のレッスン時に確認してみたいと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*